Googleドライブで共有したドキュメントを見つける方法

Googleドライブ

Googleドライブで自分が共有したファイル見つけるにはどのようにすれば良いのでしょう。検索ボックスからはうまく見つけることができず、詳細を表示にすることで共有マークのアイコンを確認したり、履歴をスクロールして見つけ出す方法を確認しました。


OneDriveにWord文書をアップロード、オンラインで編集してみた

Word文書をOneDriveにアップロードして、書式やレイアウトがどの程度反映されているのか確認しました。複雑でない一般的な文書なら、オンライン上での編集に困ることも少ないでしょう。お互いのコンピュータにWordがあれば、Wordのフル機能でクラウド共有ができそうです。


Box SimpleShare 〜ローカルに不要な書類をドラッグ&ドロップでクラウド保管する

メニューバーにドラッグ&ドロップするだけで、オンラインストレージBOXに保管できるBox SimpleShareをインストール。アップロード後にローカルからファイルを削除するオプションを使い「クラウドにのみ保管して利用」する書類に利用しています。iPadアプリi文庫HDからBOXのストレージにアクセス、説明書やカタログをダウンロードしてライブラリ化します。


BoxのデータをDropboxのようにMac / Windows と同期させる

オンラインストレージサービス BoxのデータはBox Sync アプリを使ってMacや Windows コンピュータと同期させることができます。Dropboxと同じように使うことができます。併用して使い分けしたり、バックアップ用にするなど複数のクラウド環境を構築するのもよいでしょう。




オンラインマッピングツール MindMeisterをGoogleドライブで利用する

Googleドライブにアプリケーションを追加すればドキュメントを登録アプリケーションで開くことができます。マインドマップ作成ソフトMindmeisterを呼び出して利用してみました。Googleドライブにログインしていればいつでも利用でき、作業効率が上がります。


現場の空き時間を活用したい 〜 iPad使ってスキマ時間にサクッと書類を作ろう

iPadを使ってスキマ時間を有効に活用。ワンタッチで画面が表示されすぐに入力できるiPadは最適なツールです。Dropbox、Numbers、Evernoteなどのアプリを連携させて、書類を作成して保管します。WiFiルータなどその場でメール送信もできる環境を整えれば職場に戻ってからの作業から解放されます。


Googleドライブ – 公開設定オプションでドキュメントをウェブに公開する

Googleドライブ

Googleドライブの共有設定を利用してドキュメントをWeb上に一般公開したり、特定のユーザーと共同編集することができます。公開設定オプションを上手に利用して閲覧権限や編集権限を与えることでオンライン上で文書の共有をすることができます。


Googleドライブの共有設定 – 相手を特定して共有する

Googleドライブ

Googleドライブを使って特定の相手とファイル・フォルダを共有する方法をご紹介します。Googleドライブでは、オーナーが共有相手に、共同編集者・閲覧者・コメント可能な閲覧者 といった権限を与えることでファイルを円滑にやりとりすることができます。