Windowsの「正規品ではありません」メッセージに対処したこと

Fujitsu ESPRIMO

ディスク交換をして、ディスクイメージからファイルを書き戻したコンピュータで Windowsが “正規の製品でない” と表示されます。

機種: FUJITSU ESPRIMO FH700/3AT

マイクロソフトのWebサイトには、このような場合の対処法が書かれています。

そこで上記サイトの方法2-手順1に従って検証を行ったところ、正規のWindowsを購入する表示が出てしまい解決となりません。

もちろん、Windowsはコンピュータにプレインストールされた正規製品でプロダクトキーもあります。

Windows license 0a
コンピュータの背面に貼られたライセンスシールにプロダクトキーが印字されている
 

こういったトラブルの自己解決は難しそう。さっそくサポートに電話しました。

電話サポートの記録

まず富士通サポートに電話です。

「ディスクイメージ(富士通独自の “マイリカバリ”)で作成したバックアップファイル)を復元したコンピュータで “正規品でない” という表示がでますが?」という問いかけに対して、

「実際にそういう現象はあるようだが、それはマイクロソフトさんのメッセージでこちらでは対応していない。」とのことでした。

 

次にマイクロソフトサポートに電話。

富士通サポートと同様の問いかけに、コンピュータに貼られているライセンスキーをたずねられます。

(キーを確認後)「正規品でないとのメッセージはどこにでますか?」との質問に「画面の中央あたり」と返答します。

続いて、コンピュータを操作して下さいとのこと。

コンピュータで行った操作

  1. コントロールパネルのシステムを開いて、Windowsライセンス認証項目の確認。”プロダクトID” が表示されているか?その右に”プロダクトキーの変更”と出ているか? と聞かれたので、
    「プロダクトIDは表示されているが、プロダクトキーの変更は表示されていない。」と伝えます。
  2. ファイル名を指定して実行(Windowsキー+R)に “slui 3” と入れて実行して下さいと指示されたので操作。ライセンス認証の入力画面(下図)が表示されたので、プロダクトキーを間違えないように入力します。

Windowsライセンス認証

入力後、[次へ]を押して 1分ほど進捗状況を示すバーを待っていると完了の表示。

これでひとまずOK。マイクロソフトのサーバーに反映されるまで24時間程度余裕を持って欲しいとのこと。

また、最終確認は[コントロールパネル]-[システム]の「オンラインで詳細情報を確認する」から行って下さいと指示がありました。

Windows license 02

これでもダメな場合は、別のサポート方法があるらしいです。

無事に終わって欲しいと思いつつ、後に確認すると 正規の製品と表示され問題は解決しました。

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。