iPadでリフォーム計画〜GoodNotes 4でレイアウトを考える

GoodNotes 4で考えるリフォーム案

家のリフォームを計画中です。子どもたちの部屋割りを再考したり、共有スペースの改善を考えています。

ああでもない、こうでもないと考えを巡らせるとき、iOSアプリ GoodNotes 4が役立ちます。

図面上であれこれ考えるのに便利すぎるアプリ

住宅の図面をスキャナでPDF化してDropboxに転送、読み込むメニューからGoodNotes 4に取り込みます。iPadを使って作業しました。

クラウドから読み込む

直線や矩形の表現が簡単にできる

間取りの変更を中心に考えています。シェイプボタンを押しておくことで直線や矩形が簡単に表現できます。ここに壁を造って、この壁にドアを付けて…と思いを巡らせます。

もちろん、Undo できるので、納得いくまで何度でも繰り返せます。

シェイプツールで間取りの検討
計画範囲をマーカーで囲んで、全体を把握しています。

消しゴムはオブジェクト単位でもフリーハンドでも消せる

書き込んだものは一部をなぞることでオブジェクト全体を消すこともできるし、設定変更でフリーハンドの消しゴムにもなります。

消しゴムツールの設定 – 一画をすべて消すのON/OFFで変更。

消しゴムツールのオプション

同じ用紙を簡単に追加できる

ノート系アプリなら用紙の追加は大抵できますが、GoodNotes 4は画面をスライドさせることで同じ用紙を追加することができます。新しいアイデアをどんどん描くことができます。

[設定]-[一般]で “先に送ってページを追加” をONにします。

次に送ってページを追加

スクロールしてページを追加

新しいページは、「図面を読み込んだPDF」が追加されるので、何度も読み込む必要はありません。

iCloud対応、iPhoneでも使える

アプリはiCloud対応、iPhoneでも利用できるので思いついたアイデアをすぐに落としておくことができます。車中でも iPhone使って考えています。

素人考えの計画は、当然ながらリフォーム会社のご担当に見ていただき、内容を煮詰めます。iPadは「ちょっとこれ見てください。」というときにたまらなく便利。もうコンピュータで同じことできないかも。

担当者も「これ何てアプリです?」と興味ありのご様子。しっかりメモされていました。

妻はリフォームの案件よりも、iPadで図面が表示されただけで「すご〜い」を連発。その後、自分でもペンを持っての提案が始まりました。

さて、この計画はいかがなるでしょう。すばらしい提案が出せること出ることを期待しています。

 

GoodNotes 4に関するこちらの記事もご参考に。

GoodNotes 4 – メモ&PDF
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。