操作画面が美しいブログエディタ PixelPumper オンライン下書き保存が可能に

PixcelPumper

公開時にダウンロードしたものの、使い勝手の面で放置されていたブログエディタ PixelPumper。アップデート通知があったので、再び使ってみました。

PixelPumperは MacOS X (Mountain Lion) で利用できる WordPress用のブログエディタです。シンプルな操作で画面も美しく、ブログを書くのが楽しくなるアプリという印象を持っています。

【参考】Blog書くのが楽しくなりそうなWordPressエディタ PixelPumper

バージョン1.2.1の新しい機能

オンラインに下書き保存が可能になった

画面下の「Save as draft」からオンラインに下書き保存ができるようになりました。これで下書き後にWordPress側でパーマリンクなど書き直すことができるので、私には”使える”アップデートとなりました。

HTMLの編集ができる ただし有料

画面上の「Nerd mode」からの課金でHTML編集ができるようになります。PixcelPumperのWebサイトに操作面などのスクリーンショットなどないか調べてみましたが掲載されてないようです。

HTML編集ができるとアマゾンリンクなどの挿入ができて有効と思い、少しのためらいと共に1,000円の課金を承諾しました。これで一歩前進でしょうか。

PixelPumperは常用できるブログエディタなのか

答えはYesではないんですね。もちろん私の場合です。

パーマリンクが書き直せないことから「Publish now」を押せないでいます。記事を公開してしまうと、TwitterやFacebookにリンクアドレスが通知されてしまいますので、最終的にはWordPressにログインして修正しないとなりません。

また、初めてのHTMLの編集も自分の好みと完全マッチとはいかずクセがあるようで、しばらく使ってみて判断することになるでしょう。

不安な面もあるアプリですが、PixelPumperで書いているときは楽しいです。今後のアップデートなど期待したいので、使えるときは使うというスタンスでいたいと思いました。

 

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。