iPhoneでたくさん撮りたくなる Camera+の撮影機能

Camera+アプリは iPad版で多彩なエフェクトによる写真加工を楽しんでいました。この度、iPhone版がセール中でしたので購入してみました。

iPhone版を使って気がついたのですが、撮影も多機能なアプリでした。(笑) アプリの名称からも写真撮るアプリですよね。

そこで、iPadでは撮影することがなくて見落としていたCamera+の撮影機能について書くことにします。

高性能デジカメと同じ!焦点と露出をそれぞれ設定できる

Camera+の撮影モードで画面をタップするとターゲットマークが出てきます。タップした位置での焦点と露出が設定されます。iPhoneの標準カメラアプリと同じです。

撮影画面スクショ1

この状態で撮影。自動車にピントが合います。

撮影写真1
写真1(自動車に焦点・露出)

後方にあるデジカメをタップすると、ターゲットマークが移動してデジカメにピントが合います。黒い被写体なので露出は明るく補正されます。

撮影画面スクショ2

写真1と比較すると、デジカメがくっきり見えて全体に明るい写真になりました。

撮影写真2
写真2(デジカメに焦点・露出)

ターゲットマークの “+” をタップすると、露出と焦点のターゲットマークが表示されます。それぞれ別の位置で設定することができます。(最初の指で焦点、2つめの指で露出という表示方法もあります。)

焦点ターゲットと露出ターゲット

自動車に焦点ターゲット、マットの上に露出ターゲットを合わせて撮影。写真1と比べると露出ターゲットの移動で少し暗めの写真になったようです。

車にターゲット
写真3(自動車に焦点、マットに露出)

デジカメに焦点ターゲットを移動します。露出ターゲットはそのままなので明るさは変わりません。

撮影画面スクショ3

写真2と比べると露出ターゲットの位置が変わっています。写真3と比べると焦点ターゲットの位置が変わっています。

デジカメにターゲット
写真4(デジカメに焦点・マットに露出)

焦点と露出、ホワイトバランスのロック機能

焦点と露出のターゲットが表示されているときは、カギアイコンのタップで焦点・露出・ホワイトバランスのロックができます。撮影のベテランには便利な機能でしょう。

焦点、露出、ホワイトバランスのロック機能

iPhoneカメラはチャンスを逃さない素早い撮影のためにあると思ってましたが、Camera+を使うと撮影の構図を考えるなど、撮影にこだわりそうです。

設定メニューと画面表示

右端の四角いボタンから設定メニューを表示させることができます。

iPhoneを横に向けて撮影するなら、ボリュームスナップをオンにして音量ボタンをシャッターにすることもできます。拡大/縮小(ズーム)は6倍まで。リアルタイム露出はマニアックな印象です。

cameraplus-10

撮影モードの切り替え

スタビライザーは撮影の失敗を減らすことができるでしょう。フラッシュの常時点灯はバースト撮影によさそうです。

cameraplus-11

以上、Camera+の撮影機能についてお伝えしました。

Camera+はiCloudにも対応しているので、iPhoneで撮影してからiPadで加工するなどの使い方も楽々できます。バージョンアップで日本語化され、セール中のようなのでこの機会に使ってみましょう。

 

Camera+ 3.8(¥85)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
販売元: tap tap tap – tap tap tap LLC(サイズ: 24.4 MB)

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。