またひとつ紙とペンのいい関係 モレスキンローラーペン

モレスキンノートとローラーペン

長男が、吉祥寺ロフトでモレスキンの新しいコレクションを買ってきてくれました。電話でどれが良いか聞かれたので、0.7mmのローラーペンとゲルインク替芯のブルーをお願いしました。

クリップ付きのキャップでノートと合体!

試し書きする前にモレスキンに装着。キャップ部分がクリップ状になっていて、表紙ハードカバーに差し込むことができます。長さはポケットサイズにぴったりですね。

書くときにキャップはカバーに挟んだまま、ペン部分だけを引き抜いてみます。今までそのように使う事はありませんでしたので動作が少しぎこちないです。

キャップごと外して使っても良いのでしょうけれど、キャップをつけたまま書くと置き台のように使えます。使い始めの時など左側ページと右側ページの高さが違うときに便利かと思います。

とっても気になる書き味は?

0.7mmゲルインクの書き味はなめらか。初めにインクがたくさん出てくるような印象を受けましたが、乾きもまずまずです。

書いた文字を見ると万年筆で書いたようにも見えます。四角い形状は親指でしっかりペンを押さえる事ができて書きやすいです。

なにより、これまでノートとペンを別々に持っていたのが一緒になったことが嬉しいですね。

さっと出して、すぐに書きたい人は、少しキツいですが裏表紙にペンを装着するといいかも。立ち姿勢で、右手でペンを引き抜いて書く時はこの方が快適です。

ローラーペンを右側に装着した様子

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。