[Word for Mac] 挿入した写真画像を圧縮してファイルサイズを小さくする

Word for Mac

Word文書にデジカメ写真を挿入するなら、[ファイルサイズの圧縮] コマンドを利用してファイルサイズを小さくすることができます。メール添付で送信するなら、サイズを小さくして相手に配慮する必要があるかもしれません。


Pages表紙のページ番号はいらない〜セクションで異なる設定をする

Pages

MacOSでもiOSでも使えるPages。ページごとに異なるページ番号を挿入する方法を解説します。Word同様にセクション区切りを入れて作業することで、セクションごとに連番としたり、特定のセクションのページ番号を削除したりできます。MacOSの場合、マウスポインタがフッターとインスペクタパネルを往復して作業が完結。


OneDriveにWord文書をアップロード、オンラインで編集してみた

Word文書をOneDriveにアップロードして、書式やレイアウトがどの程度反映されているのか確認しました。複雑でない一般的な文書なら、オンライン上での編集に困ることも少ないでしょう。お互いのコンピュータにWordがあれば、Wordのフル機能でクラウド共有ができそうです。


Wordで市販の領収書に宛名や日付を印刷する #2 〜印字エリアのレイアウト

領収書

Wordを使い、市販の領収書に宛名や金額等を印字をする方法をご紹介します。用紙サイズの指定ができたら、テキストボックスを使って、宛名を印字する部分にレイアウトしていきます。段落設定を調整してテキストがピッタリ収まるようにしましょう。試し印刷をして正しい位置に印字されるか確認することも大切です。小切手サイズ、お札サイズなどと呼ばれるカスタムサイズの用紙でもレイアウトできます。正確な位置合わせに必要な配置の方法を説明します。


Wordで市販の領収書に宛名や日付を印刷する #1 〜用紙サイズの設定

領収書

Wordを使い、市販の領収書に宛名や金額等を印字をする方法をご紹介します。用紙の設定でカスタムサイズを作成し、ワードで表示します。プリンタで正確な印字をするために正しい用紙サイズの設定方法を知りましょう。事前にお使いのプリンタが対応しているか調べることも必要です。殆どの場合、手差し印刷を使います。


[Word for Mac] タブを使った文字揃えの設定方法

Word for Mac

Wordでタブを使った文字揃えの操作方法についてご説明します。作成するサンプルは以下のとおりです。 1行目は行頭文字の設定をしています。2行目以降はタブとリーダーによる位置揃えです。目次などのレイアウトでも使えそうです。



Word for Macで便箋風レイアウト#03 -行の区切り線を設定-

便箋和紙に印刷する便箋風レイアウトの作成最終回です。#01ではページの設定、#02ではページ罫線の設定を行いました。 今回は、#01で設定したグリッド線に合わせて、直線を配置して”行の区切り線”と … “Word for Macで便箋風レイアウト#03 -行の区切り線を設定-“の続きを読む


Word for Macで便箋風レイアウト#02 -ページ罫線の設定-

前回作成した便箋風のレイアウトにページ罫線を追加してアクセントとしました。以下、Wordでページ罫線の設定についてご説明します。 ページ罫線を設定する リボンの [レイアウト] から [罫線] ボタンを選びます。 「線種 … “Word for Macで便箋風レイアウト#02 -ページ罫線の設定-“の続きを読む


Word for Macで便箋風レイアウト#01 -ページ設定-

書棚を整理していたら、便箋和紙というプリントペーパーが出てきました。和風な趣の半透明のA4サイズの紙です。 パッケージでは和風の絵柄をプリントしていますが、手紙を書くときに使うと良さそうです。そこで、Wordを使って便箋 … “Word for Macで便箋風レイアウト#01 -ページ設定-“の続きを読む