高校生時代を振り返る一冊だった

「黄色い眼の魚」を読み、かなり引き込まれました。 自分自身の高校生時代を振り返りながら、読んでいました。もっとこの続きが読みたい気分です。   佐藤多佳子さんの作品は「一瞬の風になれ」「しゃべれどもしゃべれども … “高校生時代を振り返る一冊だった”の続きを読む