より安全なログインを! Apple ID の2ステップ確認の設定方法

AppleLogo

IDとパスワードの他に、信頼できるデバイスに確認コードを送って本人確認を行う2段階認証。Appleでは2ステップ確認と呼んでいます。

Apple IDに2ステップ確認を設定すると、以下のケースで利用中のデバイスに送られてくる確認コードを入力する必要があります。

  • アカウントに変更を加えるとき
  • iCloudにサインインするとき
  • 新しいデバイスでiTunesやApp Storeで購入するとき

面倒に感じるかもしれませんが、安全のためにしっかりと設定しておきたいものです。と言いながら、今まで放置していた自分に反省しつつ作業を行います。

Apple ID 2ステップ確認の導入方法

My Apple ID ページから作業を行います。[Apple IDを管理] ボタンからログインします。

AppleIDを管理ボタン

パスワードとセキュリティから、”利用を開始する” を選びます。2ステップ確認の説明を良く確認しながら進みます。

利用を開始する

先に進むと、設定するのに3日待つようにとのことでした。セキュリティ上の配慮でしょう。

3日待つ案内

作業は一時中断。Apple IDの他、登録してあるメールアドレスに2ステップ確認がリクエストされた旨、メールが届きます。

3日待って作業再開

設定手続きの待機期間が終了したとのメールが来て、作業再会です。

3日前同様に、My Apple IDにログイン、パスワードとセキュリティから、”利用を開始する” を選びます。説明を再度確認しながら進みます。

AppleID2ステップ確認

ステップ1/4 信頼できるデバイスの設定

電話番号を追加から、SMSメッセージを受信できるスマートフォン・携帯電話の番号を追加します。iPhoneの電話番号を入力しました。

番号を追加すると、さっそくSMSメッセージに確認コード (4桁の数字) が送られてくるので画面に入力します。

次のステップで、信頼できるデバイスを追加することができます。iPhone/iPad/iPod touch を探すを有効にしてあるデバイスが追加できます。(iOSの[設定アプリ]-[iCloud]で確認)

デバイスを追加すると、そのデバイスに確認コードが送られてくるので入力する必要があります。

信頼できるデバイスの設定

ステップ2/4 復旧キーのプリント

Apple IDのパスワードを忘れた、あるいは信頼できるデバイスを紛失した場合は復旧キーが必要になります。忘れずに書き留めるかプリントして保管します。

復旧キーをプリントする

ステップ3/4 復旧キーの確認

前のステップで保管した復旧キーを入力する画面になります。確認の意味ですね。

ステップ4/4 ステップ確認を有効にする

表示された内容を良く確認して、同意のチェックボックスにチェックして、2ステップ認証を有効にします。

2ステップ確認の有効化
 

3日待つのは長い気もしますが、作業を開始すれば数分で作業を完了させることができます。しっかりと設定して、安全で楽しいAppleライフにしたいですね。

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。