手書きの文字をたくさん書くならPenultimateでズーム&ドリフト機能を使ってみよう

Penultimate

新しいスタイラスペンを手にして、手書きができるノートアプリが気になっているatsquareです。

Penultimateは手書きノートというより、手書きメモ的な使い方で利用。アクション無しでEvernoteと同期できるし、iPadとiPad miniを使っていると、Evernote経由で同じものが見られるので個人的に手書きの必須アプリです。

Penultimate
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

たくさん書くときは、モレスキンなど紙のノートを選択しますが、新しいスタイラス使い込もうかとズーム&ドリフト機能を使ってみました。

文字をたくさん書くならPenultimateのズーム&ドリフト機能

手書きは、ズームして書くと小さな字を書きやすくなり、1枚にたくさんの文字を書くことができます。

Penultimate のノート画面でピンチアウト (二本の指で広げる) すると以下のような画面になります。

Penultimateでピンチアウトした状態

画面の右上は、ペンと消しゴム、アンドゥとリドゥの他にアンカーボタンがあります。また、画面の右中程には改行するためのボタンが。

二本指でノートがスクロールできるので、ノートの左上に移動します。右方向に字を書くとノートが自動的に左に動きます。ドンドン書くと早くなって、書くのを止めるとスクロールも止まります。

アンカーボタンを押しておくと、ノートがロックして動かなくなります。改行ボタンタップで行を変えて左端に移動です。

だらだら書いてみました。

ズーム&ドリフトで書いた文字

プレーンの用紙を使っていたせいでしょうか、文字が右上に曲がってしまいました。線のある用紙で罫線をガイドに真っ直ぐ書いて、後から用紙を変更すれば良かったですね。後で変更できるのがデジタルのいいところなのに失敗です。

文字をガシガシ書く機会にお試しになってはいかがでしょうか。PenultimateはEvernoteの他、Dropboxと連携させることができます。

 
Penultimate
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。