手書きメモ&PDF GoodNotes4ツールバーボタンの使い方

GoodNotes4

App Storeランキング 上位の人気手書きノートアプリ GoodNotes 4をご紹介します。同じカテゴリの Noteshelfや UPADも気になったのですが、iCloud対応やMac版の用意をしているような記載がありましたので、今後を期待してダウンロードしました。

有料の手書きアプリは neu.Notes+ に次ぐ利用となり期待が高まります。

手書き、PDF、画像ページを含むノートが作れる

クラウドストレージ (Box、Dropbox、Googleドライブ、OneDrive) と連携して、PDFや画像を読み込んでノートにすることができます。また、ワード文書をPDFに変換して読み込むこともできるようです。(docファイルで確認)

ノートのサムネール-iPhone
ノートのサムネール (スクリーンショットはiPhone)

手書き、テキスト、写真画像が混在したノートが作れます。PDF文書を読み込んで手を加えて、ビジネスで活用するなど良さそうです。

複数のページをまとめてノートとして使えるから、クラウドにあるファイルをまとめるのにもいいですね。

基本操作を理解するために、ツールバーに配置されたボタンを確認しました。
以下にご説明します。

ツールバーのボタン操作

シンプルな線で描かれたボタンが並ぶツールバーは見た目もすっきり、わかりやすいです。選択することで、青色になるボタンもあります。

ツールバー一覧

追加ボタン

追加ボタンから、ページ内にイメージを貼り込んだり、テキストボックスを使って文字をタイプできます。ページの追加もここから行います。現在表示されているページの前後に追加できるコマンドは使い勝手が良いでしょう。

[ページを上に追加]、[ページを下に追加]コマンドでページの追加ができる他、[上に読み込む]と[下に読み込む]から新規ページとして、PDFや画像を配置できます。クラウド (Box、Dropbox、Googleドライブ、OneDrive) のファイルの読み込みも可能です。

追加ボタンの説明

ペンツールはいま一歩?

手書きのツールとしてペンツール(万年筆・ボールペン)と蛍光ペンが備わっています。

ペンの切替えは歯車アイコンから。
プリセット画面の編集ボタンから色や太さを変更すれば保存されて常用できます。これは蛍光ペンも同じになります。

Goodnotes4 3

少し残念なのが、万年筆とボールペンの違いが良くわからないこと。まだ、使い込んでないので何とも言えませんが、同じように見えてしまいます。書き味的には、万年筆サラサラ、ボールペンはしっかりという印象です。その点はOKなのですが。

万年筆とボールペン

消しゴム

消しゴムボタンをタップして表示される歯車アイコンから、描画の消し方を変更できます。ストローク単位で消すなら、一画をすべて消すをONにします。また、自動選択解除をONにすると消しゴムを使い終わると元のツールに戻ります。

この機能は消しゴムボタンワンタップで選べるといいですね。歯車タップして…と手数が多いのは面倒です。

消しゴムのオプション

ズームウインドウ

ズームウインドウを使えば、小さな文字でも上手く書けます。

ズームウインドウボタンを押すと、ズームウインドウが表示されます。まずは下図の緑色部分を触って、入力枠と表示枠の動きをチェックすると良いでしょう。

表示枠が移動できる範囲 (左余白・右余白) を左端にある歯車アイコンから設定できます。

ズームウインドウの説明

手書きで左から右に向かって書いていくと、途中で青い枠が表示されます。青枠が表示されたたら、続きを青枠に書くことで続けて書くことができます。

シェイプと投げなわ

シェイプボタンを押しておくと、ペンツールで矩形や円などがサラリ美しく書けます。真っ直ぐな線が書けるのも重宝するでしょう。

投げなわツールで選択、次にタップしてサイズやカラーの変更ができます。線の太さは設定箇所がありませんが、拡大縮小で線が太くなったり細くなったりします。

シェイプと投げなわツール

投げなわツールで選択する範囲はストローク単位。ボタン長押しでオプションを表示でき、選択対象を変更できます。例えばイメージ画像を追加して、その上で作業するようなときは、イメージをOFFにすると作業しやすいです。

投げなわツールのオプション

リードオンリーモードボタン

iPhoneにはありませんが、iPadにはリードオンリーモードボタンがあります。 (iPhoneは編集ボタン押すまでリードオンリーモードみたい)
通常、ページのスクロールは2本指スワイプでできますが、うまく押さえないとできないことがあります。このボタンを使えば指1本で楽々できます。

1本指でスワイプでページ捲り

さいごに

「手書き」はボールペンと紙が自然でしっくりくるのですが、iPadを使った手書きは全てではないものの、紙の代替えとして有効と感じます。

また、iPadで文書をまとめてノートにする機能にも注目。GoodNotes 4は抵抗なくそれらができるようで、じっくりと使い込んでみることにします。

GoodNotes 4 – メモ&PDF
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。