LogicoolウルトラスリムキーボードミニをELECOMツーアングルスタンドカバーと組み合わせる

Logicool Ultrathin Keybard mini

iPad mini 対応の Logicool Ultrathin Keyboard mini は iPadのスタンド、スクリーンのカバーとしても使える Bluetooth接続のキーボードです。

*製品の品番はTM710で、ロジクールのサイトで確認したところ既に掲載がなく、現行品はTM715となっているようです。

9.7インチ iPad対応の同製品を1年ほど前に購入しています。装着の様子など、ほぼ同じですので以下のリンクを参考にしてみてください。

参考記事: Logicool ウルトラスリムキーボードカバーを購入しました

好みのキータッチ、快適に入力できるキーボード

iPad miniとペアリング後、数分で使いやすさを感じました。指をさほど丸めることもなく、サクサクとブラインドタッチで入力できます。

キーストロークは充分な量でしっかりと押せ、戻りも良いです。丁寧に作られているという印象。

ELECOMのスタンドカバーと一緒に使う

TM710はマグネットで iPad miniと合体させることができます。

でもマグネット合体をしないで、ELECOM製ツーアングルスタンドカバー (TB-A13SPVFBK) と組み合わせて使ってみます。このカバーはゴムバンドがついているので、TM710をはさんでコンパクトにまとめることができます。移動はこれでOK。

ゴムバンドでまとめて移動できる

ツーアングルスタンドカバーで “動画視聴スタイル” にした時の角度は入力時にも適切。個人的な見解になりますが、TM710のホルダー(溝)に装着すると iPadが立ちすぎる感じです。

上の写真で、キーボード端のマグネットはやんわり iPadとくっついてくれます。入力中にずれることもなく作業可能です。 難点としてはELECOMのスタンドを組み立てるのが少しだけ面倒なこと。

キーボード入力はminiではかったるいだろうと、9.7インチiPadオンリーで作業していましたが、このキーボードとスタンドカバーでminiでもバリバリ入力したくなりました。

 

iPad miniをお使いの方にオススメしたいです。

 

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。