複数のiOS 7 デバイスでアプリを自動的にアップデートする

App Store Icon

iPhone、iPad、iPad mini、iPod touchなど複数の iOS デバイスに共通のアプリがあるならば、アプリの自動アップデート機能が便利です。

どれか一つのデバイスでアプリをアップデートすると、他のデバイスにあるアプリも自動的にアップデートしてくれます。

アプリの自動アップデートを有効にする

iOS デバイスの設定アプリを開き、iTunes & App Store に移動しましょう。

iTunes & App Store

自動ダウンロードの項目で “アップデート” をONにします。

アップデートのスイッチ

これで設定は完了です。

 

iPhone と iPadのセルラーモデルをお使いなら、”モバイルデータ通信”をONにすることで Wi-Fi環境下でなくともアップデートできます。

共通しているアプリってそこそこあるので、この設定を上手に使いたいですね。ただし、アプリに大きなバグがあるとトラブル拡大という状況にもなり得るので気をつけたいですね。

自動ダウンロードの他の項目、ミュージック、App、ブックをONにすると、新規に購入した項目を自動的に他のデバイスにもダウンロードしてくれます。それぞれのデバイスの容量に余裕あれば、これも利用しておくといいかもしれません。

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。