iPad Air を第4世代 iPad、iPad 2と比較してみる 〜iPad 2から乗りかえると満足度高そう

iPad Airが発表され、11月1日の発売日がまもなくやってきます。

iPad Air image

今年の2月にiPad (第4世代) を購入したり、先月はiPhone 5sを手にしましたので今年はもうおしまい。どんなにiPad Airが良かろうが、ストアで見学するだけにしておきます。

とはいうものの、新しい製品は気になりますので旧製品とスペック比較しておくことにしました。以下の表はいずれもWi-Fiモデルになります。

  iPad Air iPad 4 iPad2
サイズと重量 高さ: 240mm
幅: 169.5mm
厚さ: 7.5mm
重量: 469g
高さ: 241.2mm
幅: 185.7mm
厚さ: 9.4mm
重量: 652g
高さ: 241.2mm
幅: 185.7mm
厚さ: 8.8mm
重量: 601g
チップ A7
64ビットアーキテクチャ搭載A7チップとM7モーションコプロセッサ
A6X
クアッドコアグラフィックス搭載デュアルコアA6Xチップ
A5
デュアルコアA5チップ
フロントカメラ 1.2メガピクセルの写真
720p HDビデオ
Wi-Fiネットワーク経由でのFaceTimeビデオ通話
顔検出
裏面照射
タップして露出をコントロール (ビデオと静止画)
写真とビデオへのジオタグ添付
1.2メガピクセルの写真
720p HDビデオ
Wi-Fiまたは携帯電話ネットワーク経由でのFaceTimeビデオ通話
顔検出
裏面照射
タップして露出をコントロール (ビデオと 静止画) 写真とビデオへのジオタグ添付
VGA画質の写真
VGA画質のビデオ
Wi-Fiネットワーク経由でのFaceTimeビデオ通話
バックカメラ iSightカメラ
5メガピクセルの写真
オートフォーカス
顔検出
裏面照射
5枚構成のレンズ
ハイブリッド赤外線フィルタ
f/2.4の開口部
タップしてフォーカス (ビデオと静止画)
タップして露出をコントロール (ビデオと静止画)
写真とビデオへのジオタグ添付
HDR写真
iSightカメラ
5メガピクセルの写真
オートフォーカス
顔検出
裏面照射
5枚構成のレンズ
ハイブリッド赤外線フィルタ
ƒ/2.4の開口部
タップしてフォーカス (ビデオと静止画)
タップして露出をコントロール (ビデオと静止画)
写真とビデオへのジオタグ添付
HDR写真
バックカメラ
960 x 720ピクセルの写真
オートフォーカス
HDR写真
ビデオ撮影 1080p HDビデオ撮影
ビデオの手ぶれ補正
顔検出
撮影中にタップしてフォーカス
裏面照射
3倍ビデオズーム
1080p HDビデオ撮影
ビデオの手ぶれ補正
顔検出
撮影中にタップしてフォーカス
裏面照射
720p HDビデオ撮影
撮影中にタップしてフォーカス
ディスプレイ Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載9.7インチ
LEDバックライトマルチタッチディスプレイ
2,048 x 1,536ピクセル解像度、264 ppi
耐指紋性撥油コーティング
Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載9.7インチ
LEDバックライトマルチタッチディスプレイ
2,048 × 1,536ピクセル解像度、264 ppi
耐指紋性撥油コーティング
 
IPSテクノロジー搭載9.7インチ
LEDバックライトワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ
1,024 x 768ピクセル解像度、132 ppi
耐指紋性撥油コーティング
ワイヤレス Wi-Fi (802.11a/b/g/n) 、デュアルチャンネル (2.4GHz/5GHz) とMIMO
Bluetooth 4.0テクノロジー
Wi-Fi802.11a/b/g/n (802.11nは2.4GHz/5GHz)
Bluetooth 4.0テクノロジー
Wi-Fi (802.11a/b/g/n) 、デュアルチャンネル (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth 2.1 + EDRテクノロジー
バッテリー 32.4Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー内蔵
最大10時間
42.5Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー内蔵
最大10時間
25Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー内蔵
最大10時間
コネクタ Lightinig Lightning 30ピン
インテリジェントアシスタント機能 Siri Siri
カラー スペースグレイ
シルバー
ブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト

大きな変更

直前モデルの iPad 4と比較して、幅で16.2mm、厚さで1.9mm小さくなりました。重量は183gの軽量化になってます。iPhone 5sが112gですから、持てば直ぐにわかりますね。初代iPadから第2世代にしたときも軽くなった感覚がありましたけれど、今回はそれ以上でしょう。アルミニウム製のUnibody構造が軽さの一因のようです。

幅が小さくなってもディスプレイサイズは同じですので、両端のベゼルの幅が小さくなりました。ベゼル幅が小さいとすっきりして写真など見るのに良さそうです。

チップはiPhone 5sと同じA7チップ+M7モーションコプロセッサ。A6XのiPad 4(iOS 7)でも何も遅さを感じないので、それより高速なチップは期待できるでしょう。

デュアルチャンネル+MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)テクノロジーの Wi-Fi環境は最大300Mbpsのダウンロード速度とか。高速チップと合わせて更に快適!というところでしょうか。

iPad 2ユーザーには満足度が高いiPad Air

iPad 4ユーザーで早さと軽さを追求し続けるなら買い!でしょう。でもそれだけなら次を考えてしまいます。次期モデルでもそれらは期待できそうですから。

iPad 2ユーザにとっては満足感の高い商品だと思います。iPad Airにすれば、Retinaディスプレイと高速チップ、高解像度カメラ・ビデオを手にすることができます。

16GBのWi-Fiモデルが51,800円で32GB、64GB、128GBと10,000円づつ高くなる価格構成。メモリの差分が価格差なので容量を決めるときに悩みそうです。32GBが一番人気でしょうか。

 

私は冒頭の宣言どおり見送りしますけど、Appleの新製品ですから11月1日の発売日はまた盛り上がることでしょう。お求めになった方の報告が楽しみです。

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。