WiMAXモバイルルータの代わりに活躍?iPhoneのテザリング機能に期待すること

出先でのネット接続にはWiMAXのモバイルルータを使ってます。Wi-Fiモデルの iPadやMacには不可欠なアイテム。バッテリーが長持ちなので、出かけてから帰るまでの間電源を入れたままでも不都合はありません。

モバイルルーターとiPad mini

iPhone 5からテザリング機能 (インターネット共有) が備わっています。4sユーザーとしては新しい iPhoneがモバイルルータに代わって活躍してくれるのではないかと期待しています。

事前の下調べもしました。

新しいiPhone手にしたらテザリングできるからauサイトで調べてみた

iPhoneでテザリングすることの期待と不安

モバイルルータの通信量を調べてみると月に2GB程度なので、iPhoneのテザリングで速度制限のかかる7GBまで使うことはなさそうです。よほど外出が増えない限り快適な速度で使えるでしょう。

iPhone1台で外出時の通信がカバーできれば、荷物を減らしたり、モバイルルータの料金プラン変更 (場合によっては解約?) でコストを節約することができるかもしれません。

テザリング中の着信は通信を停止しますので、”通話しながらネットの画面を見て打ち合わせ”をすることはできなくなるのでしょう。

4G LTE (受信時最大75Mbps) の速度を早く体感してみたいです。と同時に自分の行動範囲での接続状態が気になります。

バッテリー消費量がどの程度なのか気になっています。auの4G LTE は通信の方法を最適化(アイドリングストップ)して省電力を保つとのことで少しは安心してますけど。

 

様々な状況でテストしてみて問題がなければガンガン使っていきたいですね。

モバイルルーターは年間契約で12月満了ですから、それまでじっくりテストしたいと思っています。

 

まだ、新しい iPhoneも手にしてないのですけれど…。気持ちばかり先行しています。

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。