デジタルカメラで撮影した写真を手軽にiPadに取り込む – Lightning to SD Card Camera Reader

パッケージ

デジタルカメラで撮影した写真を直接 iPadに取り込むために、Lightning to SD Card Camera Reader を購入しました。


Wi-Fi機能を備えたSDメモリーカードも検討していましたが、以下のような考えで見送りました。

  • 少し高価なこと
  • 複数台のカメラがあると複数枚欲しくなる
  • 転送時間はケーブル接続より遅いはず
  • カメラのバッテリー消費が増えるだろう

製品はSDメモリーカードを直接差し込めるので、仕事先で iPadを使って写真を預かってくることもできそうです。

iOSならではの簡単取り込み

SDメモリーカードを装着して、iPadと接続します。自動的に写真アプリが起動します。

iPadにアダプタを接続する

「カメラ」という項目に写真が表示されます。
読み込む写真をタップして選択、読み込みます。

アダプタを接続したときの写真アプリの画面

読み込み後は、カード内の写真を削除することもできます。

iOS の簡易操作で取り込みと確認がとても手軽に。Macを持っていなくてもiPadは必ず持っていますので、出先でも大きな美しいスクリーンで撮影写真を楽しめるようになりました。

Lightning SDカードカメラリーダーは iPad(第4世代)と iPad miniに対応。JPEGやRAWなどの写真フォーマットと、H.264やMPEG-4などのビデオフォーマットをサポートしています。

お使いのApple製品に対応しているかどうか確認してから購入しましょう。

 

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。