MacでもWindowsでも使うのでUSBメモリをexFATでフォーマットした

新旧USBメモリ最適なフォーマットは

仕事先に出向くときはUSBメモリを持っていきます。

クライアントから「このデータ、コピーしておいて。」とデータを預かることがあるからです。小さなデータならメールで送信で済みますが、まとまった数の写真画像になるとUSBメモリが便利です。

MacでもWindowsでも ならexFATがよさそう

仕事先はWindowsコンピューターばかりですから、USBメモリのフォーマット形式がNTFSでも特に不都合を感じずに使っていました。

MacOS X ではNTFSフォーマットのディスクは読み出しのみになります。コピーさえできれば用は済むので気にしていませんでしたが、よく考えれば空き領域が少なくなるとWindows PCで再フォーマットをしています。わざわざWindows立ち上げるのは面倒です。

そこでMacでもWindowsでも読み書きできるようにexFATでフォーマットすることにしました。そうすれば、Macでデータ消去もできて Windowsを立ち上げる手間もなくなります。

exFATについては、以下のサイトで知りました。

MacとWindowsで外付けHDDを共有するなら「exFAT」フォーマットが最強! : ライフハッカー[日本版]

マイクロソフトによるFAT32の進化版フォーマットらしいです。

16GBのメモリを Windowsコンピューターでフォーマット。30分ほどかかりました。

Windowsのフォーマット画面

MacのディスクユーティリティでもexFATでフォーマットできるようです。

Macのディスクユーティリティ画面

新しいUSBメモリを(自分的に)新しいフォーマット形式で利用できるようになりました。誰かデータくれないかな?と思ったりしています。

なお、exFAT形式はMacOS X 10.6.5以降に対応のようです。

Windowsコンピュータに取り付けたUSBメモリ

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。