メッシュ加工の液晶用ウェットティッシュでディスプレイのクリーニングをしてみました

液晶ディスプレイをキレイに仕上げるウェットクリーニングティッシュ

ELECOM 液晶用ウェットクリーニングティッシュ (WC-DP80N3) を購入してきました。液晶ディスプレイのお手入れをするなら「液晶用」と書かれている製品が確実でしょう。

三菱レイヨンの超極細分割繊維をメッシュ状に加工した不織布です。高い拭き取り性能はそのままで、メッシュ加工により、汚れをさらにしっかりとらえるようになりました。

さらに、ノンアルコールタイプでコーティングを剥がすことがなく、帯電防止効果でホコリが付きにくい製品とのことです。

ボトルから1枚取り出してみました。


拭き取りやすいサイズのウェットティッシュ 製品拡大写真

14cmX13cm(実測)の大きさです。繊維のスキマで汚れを剥ぎ取るような印象を受けます。説明にも “力を入れずにやさしく拭くだけで、汚れをしっかりと除去します” とあります。あまり力を入れて拭かないほうがよさそうです。

廃棄処分のコンピュータでお試し

人柱的マシンではありませんが、廃棄処分のコンピュータで試してみました。

Befor:

拭き取り前の状態

After:

拭き取り後の状態

軽いタッチで横方向と縦方向それぞれ3往復程拭きました。なかなかきれいになったと思います。ウェットタイプなので画面に水分が残るかと思いましたが、気になりませんでした。

Macのディスプレイ拭いてもいい?

Macのディスプレイは表面がガラスなので、この製品を使って良いのか少し迷いました。

CRTディスプレイとプラズマテレビには利用不可と明記されていますが、スマートフォン・タブレットPC、液晶テレビはOKになってます。スマートフォンやタブレットPCって表面ガラスですよねぇ。

Apple製品のお手入れ方法について参照しました

Apple製品のお手入れ方法(現在ページはリンク切れのようです)によると「柔らかくけば立たない布を水で湿らせて使用します」とありましたので、別の柔らかい布でホコリを取ってから、本製品で軽〜くそ〜っと拭いておきました。汚れをとるというより、ホコリが付きにくくなることを期待です。

80枚も入っていて、低価格なので一つお手元に置いておくといいかもしれませんね。

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。