iPad mini がやってきて5日間経過した感想など

iPad mini がやってきた

13日に iPad mini が無事に到着しました。これまでにしたことや感想をまとめておきます。

最初の作業はフィルム貼り

購入したフィルム

開封して最初の作業はフィルム貼りでした。汚れを防ぐというより、ガラスの破損を目の当たりにしたことがあり、もしもの時の安全のために貼っています。

店頭にはいろいろな種類がありましたが、指で触れたときの感触を重視して選択しました。いわゆるマットタイプというのでしょうか、光沢ツヤツヤでないタイプです。


バックアップを使わずに新規設定

iPad2がありますので、初期設定は iPad2のデータを利用することも考えたのですが、「新しいiPadとして設定」しました。

その理由は以下の2つ。

  • 本当に必要なアプリとデータを今一度再考したい。
  • iPadの操作指導をすることもあるので、(忘れかけている)設定の再確認のため

ということで、最初からパスワードについても再入力していますので、5日経過しても実用的なことはほとんどしていない状態です。

期待していたことを確認

スクリーンキーボードのタイピング

到着前に期待していたことを確認しました。親指を使ってのタイピングです。キーボードは写真のように分割して使っています。

iPadよりもグッと小さくなったiPad mini ですが、手の大きくない私には分割が合っているようです。iPadより左右のベゼルの幅が小さいので、中央付近のキーでも余裕で手が届きます。これならタイピングする気になれると安心しました。


気になっていたことを確認

(参照:iPad mini 一番気になるのはMOLESKINEとの相性
モレスキンとiPad mini

どうやら相性抜群ではないかと…。紙に書く作業とデジタルでの記録。これらがいつでも手元にある安心感がまた一つ増えたようです。

MOLESKINEとiPad mini については、これからじっくりお付き合いしてまたお伝えしたいと思います。


iPadを小さくしただけの iPad miniと捉えてしまいがちですけれども、小さく軽くなったことで、今まで収納できなかったバッグにも収めて移動できるデバイスとして、新しい利用シーンが見えてくることと感じています。

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。