会合に集まったお父さん達のスマートフォン/ケータイを見せてもらいました。

学校のボランティア活動をしているお父さん達のグループで、秋のイベントの打ち合わせがありました。

夜の8時に近所のマックに集合。打ち合わせは男子の集団らしく、パパッと済ませ小一時間で終了しました。

 

帰り際にふと気になり、皆さんがどんな通信端末をお使いなのか見せていただきました。職業はそれぞれ違って、年齢は30代後半〜40代後半くらい、中堅のビジネスマン達です。

写真撮りたいから見せて!とお願いをして撮影したのが以下の写真。

f:id:atsquare:20120702113513j:image

 

アンドロイド 2台
iPhone4S 3台
フィーチャーフォン 4台

 

合計9台の端末ですが、お一人がスマフォとフィーチャーフォンの2台持ちでした。モバイルルターやBluetoothキーボードも見えます。
 

写真から勝手に想像

iPhoneを含むスマフォユーザーとフィーチャーフォンユーザーはほぼ同数。若干スマフォユーザーが多いのは、現代ビジネスマンと同じ傾向ではないでしょうか。

iPhoneって1メーカーの製品ですが、8人中3人が所有していて人気の高さがうかがえます。また、キャリアはauが2、Softbankが1 でした。auがiPhoneの取り扱いを始めたことで、iPhoneのシェアが一層上がったと思われます。

フィーチャーフォンはラインアップが減少傾向で、写真のような凝ったデザインや美しい塗装の商品がだんだんと無くなってきています。「スマフォはいらない。」という方でも(仕方なく)スマフォに移行せざる時が来るかもしれないですね。

 

スマフォ所有者達は皆さんfacebookアプリをインストールして毎日のようにオンラインでやりとりをしています。スマフォでソーシャルメディアのパターンはここでも健在でした。

携帯電話機を所有していないと「なんで?」と聞かれてしまう時代もありましたが、この先「なぜスマフォ使わないの?」という時がくるのでしょうか。

またの機会があれば、皆さんの所有端末を見せていただきたいと思いました。ご協力ありがとうございました。

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。