IME2007の動作不良をIME2010のインストールで解決してしまいました

知人のコンピュータが日本語入力ができなくなったというので症状を確認してきました。

スクリーンショットがなくて申し訳ないですが、Windowsの起動時に「IME2007が動作していないので、システムディスクからインストールし直すように」というようなメッセージが出ていたと思います。

メモ帳を開いて日本語を入力しようとしてもIMEがONにならない状況です。

 

[コントロールパネル] – [キーボードまたは入力方法の変更]から、IME2007のプロパティを確認しようとしてもエラー表示で確認ができません。

f:id:atsquare:20120306153033j:image:w320

 

そこで、IME2007を削除してみる事にしました。既定の言語がひとつだけですと削除ができないので、追加ボタンからMicrosoft IMEを追加し、Microsoft IMEを既定の言語に変更してから削除します。

f:id:atsquare:20120306153034j:image:w320
 

既定の言語をMicrosoft IMEにすれば(下図マウスポインタの位置)IME2007を削除することができます。

f:id:atsquare:20120306153035j:image:w320

削除後に、コンピュータを再起動してから、再びIME2007の追加を行ってみました。スクリーン上ではきちんと追加されますが症状は変わりません。やはりシステムディスクからのインストールが必要でしょうか。OfficeのインストールCD見当たらず…。

 

いろいろと調べているうちに、IME2010のインストールができることがわかりました。

IME2010をインストールできる条件として以下が記載されています。

Office IME 2010 (以下 IME 2010) は、Microsoft Officeの正規ライセンス(Office XP, Office 2003, Office 2007, Office 2010)をご利用の方であれば無料でダウンロードいただくことができます。

条件を満たしている(Office2007ユーザー)のでダウンロードしてインストールしました。インストール後はIME2007もMicrosoft IMEも削除されていましたが、IME2010は正常に動作しました。

2007から2010にアップグレード?ということで知人にも納得してもらいました。

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。