MacBook Proでバッテリーの交換修理の表示 〜バッテリーの状態を簡単に知る方法

前日にバッテリー残量表示が17%の状態で、充電せずにスリープのまま放置。翌朝に見ると電源が落ちていました。

一晩おいても10%も下がらないのでおかしいと思いましたが、ともかく電源ケーブルを繋いで充電を開始。4時間経ってもまだオレンジ色で充電状態です。さらに放置すると30分後に緑色に変わりました。

起動してステータスメニューのバッテリーアイコンを確認すると、残量表示が100%でなく91%で “バッテリーの交換修理” となっています。

f:id:atsquare:20120222073947p:image

システムプロファイラも確認しました。

f:id:atsquare:20120222073948j:image

 

Mac ヘルプによると、

バッテリーの状態が「バッテリーの交換修理」の場合は、バッテリーが正常に機能していません。アップル正規サービスプロバイダ(AASP)でコンピュータの検査を受けてください。

 

バッテリーの状態を知るには、optionキーを押したままバッテリーアイコンクリックします。

 

まだ1年も経っていないのに修理なのかと残念に思いましたが、再起動すると正常の状態に戻りました。何でしょう? 気になりますが、今日はそのまま使うことにします。

ヘルプで以下も見つけましたので引用しておきます。

コンピュータを起動するときまたはスリープを解除するときに、ビープ音は聞こえないけれどもスリープ・インジケータ・ランプが5回点滅する場合は、バッテリーの修理が必要な場合があります。

ランプの点滅は無いので、ひとまず安心しちゃいます。

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。