アイデアをあたためる初めの一歩はメモ・ノート

f:id:atsquare:20120131215052j:image:w320

頭に浮かんだアイデアはメモをして保管します。そのメモを再び見た時に、少しあたためていこうかと思うことがあります。うまくいくかどうか解らないことなのですが、もう一歩前進させてみたいと感じた瞬間です。

こんな時ノートを開き、日付とタイトルを書いてから、浮かんでくる考えを次々に書いていきます。書けなくなるまで書くように心がけます。書いている途中でこれとこれは関連性がありそう…などと思ったら、線で繋げてみます。凄いひらめき!などと感じたら、丸を付けたり赤線を引いたりします。

ペンを持って書くことが好きな人だと感じるかもしれませんが、この作業はなかなか楽しいものです。その場で終わらず数日かけて書いているときもあります。

あたためたものが増えてきたと感じたらコンピュータを使います。ノートを見ながら、オンラインツールの MindMeister でマッピングします。MindMeisterはWebブラウザで利用できますが、iPhone, iPad アプリも提供されています。隙間時間などを使って、参照や修正ができます。

 

ノートからデジタルに移すとノートに戻ることはなくて、コンピュータで最終形を目指します。途中でストップして放置されるものもありますが、またいつか復活するのではと期待してそのままにしています。残したままにしているものは、ネタと呼べるものなのかもしれません。

 

最初からコンピュータであたためるのもいいのかもしれませんが、私はメモ・ノートから始めるのが合っているようです。

いつでもどこでも忘れずにメモするために

 

アイデアをマッピングするなら

MindMeister (mind mapping) 5.0(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: MeisterLabs – MeisterLabs(サイズ: 10.1 MB)

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。