Excel for Mac2011 開くコマンドでCSVファイルが開けない

サーバーからダウンロードしたCSV形式のファイルをExcel for Mac2011で編集しようとしました。

Excelを起動して、[ファイル] – [開く]からCSVファイルを開こうとするとグレーアウトしていて開くことができません。はじめは選択対象で「すべてのExcelファイル」を選んでいるのがいけないと思い「全ての読み込み可能なファイル」に変更したのですが、それでもダメでした。

f:id:atsquare:20120127181814j:image

ファインダーからファイルを表示して右クリックするとCSVはデフォルトでExcelで開くことになっています。

とりあえず、ファインダーで書類をダブルクリックすれば開く事ができました。Windowsで利用していた時はこんなことなかったと思うのですが…何だかややこしく感じます。

f:id:atsquare:20120127182012p:image

作業後の書類を上書き保存してから確かめると、今度は[ファイル] – [開く]で開くことができるようになりました。

f:id:atsquare:20120127182340j:image

 

作業前と後の書類についてJedit Xで調べる

ダウンロード直後

f:id:atsquare:20120127182534p:image

編集後

f:id:atsquare:20120127182553p:image

 

ファイル形式の違いでグレーアウトするのでしょうかね。詳しいことはわかりませんがファインダーからダブルクリックして開いたほうが確実なようです。

ビジネスアプリケーションはMacで使うなという警告のようにも感じてしまいました。ファイルを開いてしまえば、操作は特に問題は無く快適です。ビギナーへの洗礼と受け取ることにします。

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。