Evernoteで昨年の大晦日をふりかえってみる 〜 記録しているからできること

2011年最後の日。年越しをする少し特別な日です。

Evernoteの記録から昨年の大晦日をふりかえりました。

Twitter のログ(一部)

23:55 サーバーは大丈夫かな。あと5分ほどですね。皆様良いお年を!

23:21 鐘の音聞こえる。

16:50 たくさんの人に助けられ、また助けてもらって、ありがとうと言われた1年。来年もこれまでを大切にして、新しい出会いがあることを期待して、新年を迎えたいと思います。ありがとうございました。

11:37 年賀状作り終わった。ここまでやれば、新年になっても困らないな。これから軽く掃除。

10:14 元旦に掲載予定のサイトは全部終わった。夜間にアップロードします。午後からは身の周りのこと、片づけないと。まずは年賀状の残りつくる。

00:22 大晦日になってしまった。さすがに疲れた。明日はスロースタートにしよ。

 

FastEverのログ

21:15 兄弟とその子が揃う。賑やかだ。刺身も煮物もなかなかの味わい。感激した。紅白ちょっと見て帰ってくる。

16:40 本屋いったけど、何も買わなかったよ。

13:11 車の洗車を子どもにさせたり、年賀状つくったりで一段落。少しだけモレスキン。

07:49 12時30までサイト構築やって起きるのが遅くなった。

 

2010年12月31日のモレスキンノート

f:id:atsquare:20111231065938j:image:w360

 

仕事しながら大晦日を迎えたようです。その後は年賀状や掃除といった年末の行動。

今年の大晦日は仕事も残っていないし、年賀状も掃除もとりあえず終わってます。

家族との会食は今年も予定通り。兄弟、甥っ子たちと過ごします。楽しみです。

 

過去の自分に出会うこと

ネットワークへの書き込みをログで残したり、日々何かを時系列で書いていると、過去のその日の自分に出会うことができます。

記録を見ることで記憶を呼び戻し、あぁあの時は…と思い出に耽ったり、反省して改めたり、感情や思考を今と比較したり、何かのヒントを得たりすることもあります。

 

記録してなければ出会えない

記録がないと(昨年の大晦日のように)いろいろ思い出すことは難しいでしょう。3日前に食べた物を思い出せないくらいですから。

「一生の思い出」「生涯忘れない」と心に誓ったことはあるはずですが、それが何だったのか思い出せないでいます。時間をかけても思い出せないかもしれません。よほど強い印象でなければ時間の経過と共に忘れていますし、忘れていることを忘れていますから思い出すことすらありません。いい加減な誓いってことです。

記録していれば脳の力に頼らなくてもいつでも過去の自分に出会えます。過去を見て、それがきっかけで思い出すことがあるかもしれません。

たいてい素敵な過去に巡り会うことができるのではないでしょうか。なぜなら嫌なことってあまり記録に残さないですから。

 

昔の自分に出会うために、来年も日々の記録を残していきたいと思います。

今年も大変お世話になりました。ありがとうございました。皆様よい新年をお迎えください。

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。