MacBook Air の充電状況を調べてみました。

f:id:atsquare:20110407105737j:image:w320:right

11インチのMacBook Air (MC505J/A) のバッテリー残量が9%になったので充電を開始し、15分おきにバッテリーの充電状況をメモしました。

調査方法

製品に付属しているMagSafe電源アダプタを取り付け、家庭用コンセントから充電。ケータイのカウントダウンタイマーを15分にセットして、アラームが鳴るたびに、ディスプレイを開いてバッテリー残量を確認、すぐディスプレイを閉じる。これを繰り返す。

(バッテリー残量は、メニューバーのバッテリーアイコンで、[表示]-割合(%)から表示されるパーセンテージを記録。アプリケーションは全て終了して、AirMacはON、BluetoothはOFF)

 

結果

f:id:atsquare:20110407104901p:image:left

経過時間 バッテリー残量表示
0分 9%
15分後 27%
30分後 44%
45分後 58%
60分後 71%
75分後 80%
90分後 86%
105分後 92%
120分後 96%
135分後 99%

 

結果をグラフにしてみると、バッテリー残量が80%になるまで傾きが急で(急速充電)、その後ゆるやかに充電(トリクル充電)されている事が分かります。Appleのサイト-リチウムイオンバッテリーの説明どおりですね。

 

LED Cinema Display と接続してMacBookのディスプレイを閉じて作業をする場合、電源アダプタを常時接続しておかなければならず、長時間の作業でバッテリーの負担が大きいのでは?と心配もしたのですが、80%以上がトリクル充電なら少し安心でしょうか。(あまり気にせず使ってますけど…)

 

定期的なバッテリーの再調整についての記事がありましたので、記録に残す事にしました。

Apple Portables:コンピュータのバッテリーを調整して最適の状態にする

http://support.apple.com/kb/HT1490?viewlocale=ja_JP

機種により調整の方法が違うようですが、MacBook、MacBook Pro、MacBook Airなら以下の方法でいいようです。

  1. 電源アダプタをつなぎ、PowerBook のバッテリーを、電源アダプタプラグのリングあるいは LED がグリーンに変わるまでフル充電します。画面のメニューバーにあるメーターでバッテリーがフル充電されたことがわかります。
  2. 少なくとも 2 時間は、バッテリーをフル充電の状態のままにしておきます。この間は、電源アダプタを差し込んだ状態のままであれば、コンピュータをお使いいただけます。
  3. コンピュータにまだ電源が入っている状態で電源アダプタを外します。コンピュータのバッテリー残量が少なくなり始めます。この間にコンピュータをご利用いただくこともできます。 バッテリー残量が少なくなると、それを知らせる警告ダイアログが画面上に表示されます。
  4. この時点で、作業内容を保存します。バッテリー残量が残りわずかになったら、コンピュータが自動的にスリープ状態になります。
  5. コンピュータの電源を切るか、5 時間以上、スリープ状態のままにします。
  6. 電源アダプタを接続し、バッテリーが再びフル充電されるまでそのままにしておきます。

 

定期的に調整して、長期間良好な調子を保ちたいですね。

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。