モレスキン 2011スケジュール+ノート でがっかりしたこと

これまでスケジュール+ノート(ポケットサイズ)の最後のページ(3枚 6ページ)はプレーンノートだったのですが、2011年版を購入すると罫線の入ったルールドノートでした。

左ページウィークリー、右ページルールドの構成となっているこのダイアリーはほとんど仕事用として利用しています。予定とそのメモを見開きで記録・確認できるところが気に入っていて、来年も使うことにしています。

中でもプレーンページは「特別なおまけ」的印象を持っていて、忘れたくない事や見聞きした感激の言葉・現象などをほんの少し書いて楽しみとしていました。

f:id:atsquare:20101031063956j:image:w240:right

罫線付きのページがずっと続いて、最後に現れる真っ白なページ。NOTESとさりげなく書いてあるシンプルさが大好きで、これが無くなってしまったことはとても残念です。思わず(2010年のプレーンノートの最後の1枚はまだ使ってないので)切り取って貼ろうかと思ってしまうほどでした。

 

罫線があるから書けないというわけではないですけど…。

コストダウンを優先した結果なのでしょうか…。(泣)

 

来年の手帳を考えたり、購入したりで手帳好きにはワクワクの時期ですが、少しばかり落ち込んでしまいました。とは言っても、来年もMOLESKINEにお世話になります。

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。