超整理手帳を持って初めて外出

f:id:atsquare:20081112054143j:image:w240:right

地域イベントの打ち合わせに超整理手帳を持って出かけました。この手帳を持っての外出は初めてです。

事前にA4サイズのレジュメを受け取っていたので、折りたたんで手帳に挟み込んで持っていきました。

カンガルーホルダーには差し込まないで、KOKUYO クリップル (大)を使って、カンガルーホルダーの外側から2箇所を留めておきました。

 

クリップルはプラスティック製で簡単に留めることができるので便利です。商品は小さいサイズもありますが、文具店でお目にかかることがあまりありません。

通販でこれだけ注文するのも送料が気になり、次に何かオーダーするときのついでに注文しようと思っています。

とじることができる枚数は大が約20枚、小が約10枚です。幅で3mmの違いがあるので、この手帳で使うとしたら小が良さそうです。

A4縦書きのレジュメでしたので、挟んだまま手帳を横にして広げ、打ち合わせの要点を書き込みました。書類はA4縦書きが多いので、手帳を横にしてで使うシーンが多そうです。

スケジュールの確認、レジュメの参照、メモ書きなど、手帳に挟んだ紙をめくりながら使う場合、すべての書類の方向が同じでないと使いにくいのかもしれませんね。

A4サイズの書類をコンパクトな大きさで持ち歩けて、立ち姿勢での書類確認も比較的容易な超整理手帳。もう少し使い込んでみたいと思います。

 

投稿者: Jun

ブログをお読みいただきありがとうございます。自己紹介等は、Aboutでご確認いただけます。ボタン等から記事への反応をいただけると嬉しいです。